Monthly Archives: 7月 2015

今から保育士になれるの?保育士免許をとる方法

保育士になるためには2つの方法があった!

保育士になるには、保育関係の勉強や学校に通わないとなれないのではないかと思う方が少なからずいるのではないでしょうか。保育士の免許を取る方法が2つあるのでご紹介します。1つ目は、厚生労働大臣の指定する「指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)」に通い、所定の単位を取得し、卒業することで保育士資格を取得する方法です。2つ目は、保育士試験に合格することです。保育士資格養成過程を修了していなくても毎年1回、都道府県知事の実施する保育士試験に合格することで資格が取得できます。しかし、保育士試験を受験するためには条件があります。

保育士試験を受験するためには条件があった!1つ目

実は、保育士試験は誰でも受験できるわけではないのです。受験資格をご紹介します。1.学部、学科に関係なく、大学2年以上在学かつ62単位以上修得済(卒業が見込まれる者・中退者も含む)2.学部、学科に関係なく、大学に1年以上2年未満在学かつ62単位以上修得済(卒業が見込まれる者も含む)3.学部、学科に関係なく、短大卒、またはそれと同等以上を卒業(卒業見込みを含む)4.平成8(1996)年3月31日以前までに高校保育科を卒業5.平成3(1991)年3月31日以前までに高校を卒業

保育士試験を受験するためには条件があった!2つ目

6.高校卒業後、児童福祉施設で実務経験が2年以上7.中学卒業後、児童福祉施設で実務経験が5年以上8.外国において、学校教育における14年以上の課程を修了9.都道府県知事から受験資格を認定された人以上のいずれかに該当すれば保育士試験を受けることができます。なお、6と7の実務経験は、児童福祉法に基づいて設立されている認可施設で、原則として1日6時間以上、かつ1ヶ月20日以上で2年間の勤務が必要とされています(無認可保育所での実務経験は認められていません)。また、卒業見込み、単位修得見込み受験をした場合、もしもその年度中に卒業できなかったり、在学2年間に満たなかったり、62単位以上修得できなかった場合は、保育士試験に合格しても結果は無効となるので注意が必要ですよ。

自分の希望する条件で保育園の求人を探すなら最寄のハローワークで探すことです。求人が職種別にカテゴリーされており、医療福祉分野からすぐに探せるのでお勧めです。

転職で自分の実力を試す!職場を変えることで可能性を広げよう

転職を決意する動機とは?

転職を考える理由は人によって様々ですが、代表的なものの一つに、自分の実力が今の職場では発揮できないので、働く環境を変えるために転職をするというのがあります。実力が出し切れていないという背景には、自分の担当している職種がやりたいことからずれている、社風が合わない、上司が正当に評価してくれないなどが考えられますが、その会社内で環境を変えることが難しそうであれば転職によって自分の実力が発揮できるところを探そうというのは自然なことでしょう。

転職をすることで自分の実力がわかる

転職して環境を変えることができれば、自分の実力を必ず発揮できるかというとそうではないでしょう。もちろん、転職する本人もそれは理解しているはずです。それでも転職したいと考えるのは、転職することで自分の実力が今の会社の外でも通用するのかどうか試したいという思いがあるからかもしれません。自分に実力があると思っていても、一方で社外に出たら自分が思っているほどでもないかもしれないという不安はあるでしょう。そういった点をクリアにするためにも転職してトライすることには意味があるのではないでしょうか。

転職をしないという選択肢もある

自分の実力が発揮できるように転職活動を始め、いろいろな会社の企業研修をしていると、やめようとしている会社のデメリットはもちろん、今まで気が付いていなかったメリットに気付くことがあるかもしれません。そのメリットを活かせば自分の実力が発揮できる可能性が見つかるかもしれないのです。そうした場合は、転職そのものが目的ではありませんが、今の会社に残って実力を発揮する道を模索するというのも立派なキャリア開発行為になるでしょう。

営業の転職サイトとは、営業に転職しやすい企業などを集結させたサイトのことなのです。それにより、簡単に自分に見あった職場を見つけることができるのです。

1 2 3 4 6