Monthly Archives: 7月 2015

短期契約で住みやすい!?マンスリーマンションの良いところ

賃貸住宅というよりも簡易宿泊施設

マンスリーマンションという存在を知っている人は多いかもしれませんが、実際に住んだことがある人ってあまりいないのではないでしょうか。マンスリーマンションというのは、形態としては賃貸住宅の一種かもしれませんが、実質は賃貸住宅というよりもどちらかというとホテルなどの宿泊施設に近く、簡易的に居住することができる賃貸住宅と言った言い方がいちばん適当かもしれません。マンスリーマンションは一般の賃貸物件とは何が違うのでしょうか。

マンスリーマンションの特徴

一般の賃貸物件と違って、マンスリーマンションは一か月や二か月ほどの短期賃貸契約を結びます。一般的な賃貸契約の契約期間は2年であることが多いのですが、マンスリーマンションでは相当短い賃貸契約ということになりますね。一般的な賃貸住宅だと、契約の際に敷金とか礼金などの初期費用を支払うことが基本ですが、マンスリーマンションではこうした初期費用がかかりません。なので、ふつうの賃貸物件よりも安く住みはじめることができるんですね。

どういう人が住んでいるのか

マンスリーマンションにはどういう人が住んでいるのでしょうか。たとえば出張などで一定期間長期滞在をしなければいけないビジネスマンなどは、ビジネスホテルやカプセルホテルに宿泊することが多いですが、マンスリーマンションに滞在する人も結構いるのです。マンスリーマンションの場合、ホテルなどに宿泊するよりも費用がかからず、また家具や家電も備え付けであることが一般的なので、より快適に過ごすことができるようになっているのです。

マンスリーマンションにはサービスカウンターなどが設置されていないため、チェックインやアウトも必要ありません。

子ども達と一緒に成長していく楽しみを満喫!保育士への道

保育士免許を取得する前提条件

保育士の免許を取得するには2つの道があります。1つめは、厚生労働大臣の指定する指定保育士養成施設等に通い、所定の単位を取得し卒業する方法。これには、4年生大学、短期大学の保育士養成課程を履修する方法、専門学校やその他の施設で同様の過程を履修する方法があります。2つめは、毎年1回都道府県が実施する保育士試験に合格すればなれる方法です。この試験は一定の条件(大学、高校卒業など)を満たさないと受験できない場合もあります。

大学、専門学校等で保育士免許を取る利点

大学、専門学校では2~4年間に、保育士になるべき知識を勉強することができます。幅広い知識を得ることができ、将来の進路についてじっくり考える時間もあります。また、保育士以外の資格を取得できる可能性もあり、選択の幅が広がります。専門学校においては大学、短大よりも直接仕事につながるような事を学ぶ事ができます。こういった学校に通うのが難しい方のために、通信制で保育士の勉強をできるところもあるので、ネット等で調べてみるのもいいでしょう。

保育士試験のノウハウ

一方、年1回の保育士試験を受ける方法ですが、国家試験であり、簡単には合格できず、自分の勉強だけでは心もとない可能性もあるので、問題集などを使ってしっかり勉強したり、通信教育を受けて知識を蓄えるようにしましょう。具体的な手続きですが、保育士受験センターから実施要綱をとりよせ、必要事項を記入して応募、受験票が届けられたらいよいよ本番です。8月に筆記試験、合格したら10月の実技試験を経て安否が決まります。各科目で6割以上の点数を獲得すれば合格となりますが、合格率は10~20%と、狭き門となっています。以上のように、保育士になる道は2つありますが、どちらの道を選択するにせよ、しっかりとした勉強が憧れの保育士への第一歩を踏み出せるといっても過言ではないでしょう。

保育園での求人では子供のすべり台の管理をしたり、防犯設備を整えたり保護者との対面で子供の様子を詳しく話したり出来ます。

1 2 3 4 5 6